BRICs辞典
  BRICsについて ブラジル  ロシア インド 中国 南アフリカ  

ブラジルのインフレ(物価上昇率)

BRICs辞典 > ブラジル > インフレ率

ブラジルのインフレ率は、近年では概ね5%前後で推移しています。欧米など先進国に比べればまだ高いものの、新興国としてはかなり安定している水準で落ち着いています。

ブラジル経済は長年、極度のインフレに悩まされていました。第二次大戦後に合計7度ものデノミ(通貨の切り下げ)を行ったことなどで、通貨=クルゼイロ(現在はレアル)の対外的信用は極めて低かったのです。特に86年から94年の間に合計4どのデノミによって、通貨価値は2兆7500億分の1に切り下がっており、現在のジンバブエのように毎日のように物価が倍々ゲームで上昇していく「ハイパーインフレ」が起こっていました。

95年に誕生したカルトーゾ大統領は、通貨をクルゼイロからレアルに変更し、1レアル=1ドルの固定相場制を中心とする「レアルプラン」という物価安定政策を取り、ハイパーインフレ抑制に乗り出します。97年のアジア通貨危機時にも、IMFの支援を受けるなどして乗り切りました。そして1999年からはインフレターゲット制の導入により、政府が金融引き締めや通貨量のコントロールを行い、同時に財政赤字の削減にも取り組むことで、2000年代以降はレアルの為替レートは安定し、物価上昇率も落ち着いています。

  中国 インド ブラジル ロシア 南アフリカ 先進国平均
2001年 0.7 3.8 6.8 21.5 5.7 1.7
2002年 -1.8 4.3 8.4 15.8 9.2 1.5
2003年 1.2 3.8 14.8 13.7 5.8 1.7
2004年 3.9 3.8 6.6 10.9 1.4 1.8
2005年 1.8 4.2 6.9 12.7 3.4 1.9
2006年 1.5 6.2 4.2 9.7 4.7 2.0
2007年 4.8 6.4 3.6 9.0 7.1 1.9
2008年 5.9 8.3 5.7 14.1 11.5 2.9
2009年 0.1 6.3 4.8 12.9 6.1 0.1

※表中の単位は%(パーセント)。2009年度数値は予想値。
※先進国平均はG7(アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ、日本)の平均値。
※引用元:新生インベストマネジメント「エマージング債券ファンド(元データ:IMF)」資料より。

インフレ率の低位安定は、ブラジルの通貨=レアルの上昇要因でもあります。ブラジルでは原油はほぼ自給できており、食料資源も豊富ですから、近年乱高下を繰り返している商品市場の影響が物価に及びにくく、国民生活には比較的影響しにくいという強みがあります。この点は、日頃はデフレ状態なのに、商品価格の上昇で一気に物価が跳ね上がる日本とは対照的です。

またブラジルでは5%前後の経済成長率を維持しており、2億人近い人口がいる巨大マーケットでもあり、世界中の投資家から注目されている国です。そのうえ、2014年にはサッカーワールドカップ開催、2016年には夏期オリンピック開催が決まるなど、経済にとってプラス材料が次々と決定しました。

このように好材料が相次いだブラジルへ、海外からの投資資金流入が加速し、レアルの為替レートは急激に上昇、2009年度は対米ドルレートで最も価値が上昇した通貨となりました。あまりの急激なマネー流入から、バブル化を恐れたブラジル政府が同年10月に、海外からの投資に対して2%の課税措置を取って抑制を図ったほどです。

 









免責事項・リンクポリシー | お問い合わせ | 海外投資データバンク | HOME

Copyright (c) 2006-2013. BRICs辞典. All Rights Reserved.