BRICs辞典
  BRICsについて ブラジル  ロシア インド 中国 南アフリカ  

人民元債券の注意点〜高金利や為替差益は魅力だが・・・

BRICs辞典 > 中国 > 人民元建て債券の注意点

中国に投資する金融商品の一つとして、近年「人民元建て債券」が登場しました。

基本的に、外国人が「中国本土で発行される」人民元債券には投資できませんが、「香港で発行される」ものなら投資可能です。日本のネット証券で購入できる人民元債券も、香港で発行されたものです。香港経由の人民元債券の場合、中国本土に比べてやや金利が落ち、2013年現在では概ね2%前後(利回りも同程度)です。それでも、日本の国債や社債に比べれば、遙かに利息は高いです。

また、将来的に為替差益が得られる確率が、非常に高いのも魅力です。他のBRICs諸国でも、生債券を買える国は存在しますが(レアルなど)、為替レートが円高に進むリスクも少なからずあります。しかし人民元の場合、日本円に対して(中長期的には)元高円安に進んでいく確率が、非常に高いです。

人民元は、中国政府が輸出産業に有利なように、意図的に為替レートを「元安」にコントロールしています。しかし、国際的な批判が強まっている事や、いつまでも為替介入を続けると外貨準備の減価が拡大する(将来の元高で)事にも繋がります。中国政府は、元安政策を永久に続けることなど不可能なのです。徐々に為替介入を減らし、元高を容認する「ソフトランディング」を行わざるを得ないのです。したがって、長期的には円安=元高の為替レートへと進む確率は、極めて高いのです。

 ・日本国内の債券より遙かに金利が高い
 ・円安で為替差益が見込める(他のBRICs諸国より円安になる確率が高い)

人民元建て債券の主なメリットをまとめると、以上のようになります。但し、魅力的な商品である事に間違いありませんが、注意が必要な点も幾つかあります。

雑所得扱いの税金が問題〜中途売却が吉か?

まず人民元の為替レートは、長期的には日本円に対して切り上がっていく可能性が高いですが、短期的には円高が進むリスクもありえます。人民元は(一定範囲で)米ドルとペッグしているので、為替レートが円高ドル安になると、人民元に対しても円高が進みます。従って、2〜3年とか短期間では、むしろ為替差損が生じるリスクも考えておくべきでしょう。

もう一つ、人民元債券の注意点として上げられる事は、税金です。外国債券を満期まで持てば、為替差益は「雑所得として総合課税」されます(利息は20%の源泉徴収のみ)。この雑所得というのは、最も不利な税金の区分なのです。

外国債券に関する税金の扱い
  利付債・割引債 ゼロクーポン債
利子 20%の源泉分離課税 (利息は元々無い)
為替差益(途中売却) 非課税 譲渡所得として総合課税
為替差益(満期まで保有) 雑所得として総合課税 雑所得として総合課税

外国債券で得られた利益の税金は、「雑所得として総合課税」されます。株式や投資信託などで損失が発生していても、それらと損益通算することが出来ません。また、不動産所得のように、給与所得・事業所得とも損益通算は出来ません。雑所得というのは、あらゆる所得の中で、最も不利な税制を強いられる存在なのです。

外国債券には、税金を避ける方法もあります。債券を満期前に途中売却すれば、売却益にも為替差益にも税金は掛かりません(非課税になる)。また2013年現在、政権与党に返り咲いた自民党が、外国債券と株式の損益通算を可能にするよう、税制改正する案を出しています。最短でも2016年からになるようですが、実現すれば人民元債券を持つ投資家にとっては、大きな改善となります。

 





免責事項・リンクポリシー | お問い合わせ | 海外投資データバンク | HOME

Copyright (c) 2006-2013. BRICs辞典. All Rights Reserved.