BRICs辞典
  BRICsについて ブラジル  ロシア インド 中国 南アフリカ  

ルピーの為替レート推移チャート図

BRICs辞典 > インド > ルピーの為替レート推移

インドの通貨である「ルピー」の為替レートの値動きを折れ線グラフに表してみました。インド中央銀行が適時、為替介入を行っている為に、BRICs諸国の中でもインドルピーの為替相場はかなり安定しています。米ドルと連動するように為替介入を行っており(ペッグ制)、ルピー円のチャートは、ドル円のチャートと値動きが酷似しています。

ルピーの為替チャート

為替介入時には、外貨・外貨建て資産を購入する事になる為に、インドの外貨準備高(為替介入で入手した外貨資産残高。通常は相手国の国債で保有。)は年々増えつづけ、2004年には1200億ドルを突破しました。これは世界でも第6番目に相当する、莫大な金額です。

インドの外貨準備高の推移 (単位:億ドル)
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
327
379
459
677
989
1266

※追記:2011年時点のインドの外貨準備高は、2687億ドル(およそ21.5兆円)に達し、世界第4位の規模になっています。外貨準備世界一は中国の約3.2兆ドルで、第二位の日本のおよそ3倍にものぼります。

実はインドの貿易収支は慢性的に赤字であり、膨大な貿易黒字を積み上げている中国と違い、為替介入してペッグ制を維持する必要制は高くありません。しかし、海外からの投資を誘致したり、外国企業との取引を拡大させる上では、ペッグ制を取って為替レートを安定化させる必要があります。先進国同士のように、経済的な信頼関係が築けるレベルには達していないからです。

為替介入すればレートは安定しますし、外貨準備が多ければ自国通貨が暴落する「通貨危機」にも対応できるので、経済に対する信用性が高まります。かつてアルゼンチンや韓国などがデフォルト(国家破産)や通貨危機に陥ったのも、外貨準備が十分であれば避けられたかもしれないのです。

※追記:2010年現在もインドはまだ貿易赤字です。ゆえに人民元やブラジルレアルなどとは違い、ルピーにはまだ通貨高になる圧力は存在しません。日本人がインド株投信などを買う場合、短期的には為替差損が発生する確率も十分あります。そういう意味でも、インドへの投資は長期的なスタンスで挑むことが不可欠です。

 

人民元の為替レート推移 レアルの為替レート推移  ルーブルの為替レート推移 ランドの為替レート推移









免責事項・リンクポリシー | お問い合わせ | 海外投資データバンク | HOME

Copyright (c) 2006-2013. BRICs辞典. All Rights Reserved.